結婚したい理由&結婚相手に求める特徴とは?男女の本音を徹底調査

「結婚したいと異性に思ってもらうためにはどうすればいいのだろう」とお悩みではないでしょうか。 この記事を読めば、独身の男性・女性がお互いに「どういう異性と結婚したいと思っているのか」と「結婚したい理由」が分かって、あなたのお悩みもスッキリと解決します。ぜひ、結婚に関する異性の本音を理解してくださいね。

結婚したい理由は?男性「家族を持ちたい」女性「子どもが欲しい」

男性は家庭を持ちたくて結婚をしたいと考え、女性は子どもが欲しいから結婚したいと思う…。政府が少子化対策の一環として平成26年度に「結婚・家族形成に関する意識調査」を行った結果、結婚したい理由に対する男女の違いが浮きぼりになっています。

20代と30代でも回答内容は微妙に変化がありますので、併せて見ていきましょう。

20代男性は「家庭を持ちたい」女性は「子どもが欲しい」

20代の結婚したい理由としては、男性は1番に「家庭を持ちたい」、女性は「子どもが欲しい」を挙げており、男女で若干の違いがあります。2番目には、男性女性ともに「好きな人と一緒にいたい」で、特に恋人がいる場合は好きな人と一緒にいたいという回答が増加傾向です。

30代は男女ともに「子どもが欲しい」

年代が少し進んで30代になるど、男性・女性ともに「子どもが欲しい」が1番になり、結婚したい理由として子どもが大きなウエイトを占めていることが分かります。「家族を持ちたい」「子どもが欲しい」「好きな人と一緒にいたい」の3つは7割前後の人が結婚したい理由に挙げていますので、婚活している人の多くは結婚したい理由として、これらのいずれかは心のうちに秘めているとみていいでしょう。

また、30代女性は7割近くの人が「老後1人でいたくない」という回答を寄せていて、老後に対する不安があることも注目ポイントです。経済面での不安が老後の生活不安へとつながり、結婚への意識を高めているのかもしれませんね。

結婚したい異性は?男性「価値観が近い人」女性「一緒にいて気を遣わない人」

同じ調査では、結婚相手に求める条件として、男性は「価値観が近い人」女性は「一緒にいて気を遣わない人」と「一緒にいて楽しい人」を1番に挙げています。男女総合した順位では、1位が「価値観が近い人」2位「一緒にいて楽しい人」3位「一緒にいて気を遣わない人」です。

どれも7割~8割の高確率で大きな差はないのですが、男性は女性よりも価値観の近さをより重視していることが分かります。男女で差がある答えとしては、男性の方が女性よりも「容姿が好みであること」「家事や家計をまかせられること」を求める傾向があり、逆に女性は「金銭感覚」「経済力があること」など、経済的な面を気にしていることが特徴的です。

この辺りの違いは、実際に婚活中に異性と会話する際、気をつけておきたい点ですね。女性は身だしなみには気をつけておきたいですし、男性は金銭的にだらしないという印象を女性に与えないようにしたいものです。

結婚生活を送る上での不安要素は?男性「経済面」女性「不仲になること」

結婚生活を送る上での不安要素についても見ていきましょう。男性は「経済的に十分な生活ができるかどうか」で女性は「配偶者と心が通わなくなる・不仲になること」を1番に挙げています。

女性は経済面でシビアに男性を選びつつ、実際に一緒に暮らし始めると精神面での結びつきが薄れないかと不安に思うのではないでしょうか。男性は、結婚した後は家族を養っていかなければならないという責任を感じて、経済面の悪化に不安を覚えている様子がうかがえます。

逆に言えば、結婚生活を送る上で相手が抱いている不安要素を取り除いてあげることで、相手は結婚生活を無事に送って行けるという自信が持てるのではないでしょうか。

あなたが女性なら、例えば自分も働いて経済的に支えることや、金銭感覚がしっかりしている一面を見せることで、相手の男性は安心するはずです。反対に男性なら、結婚後もそう簡単に不仲にはならないという誠実さをアピールすることで、女性が結婚に抱く不安感を和らげることができるでしょう。

異性の結婚観を知ることで結婚に近づこう

男女の結婚観について「結婚したい理由」「結婚したい異性の条件」「結婚生活に対する不安要素」の3点をご紹介しました。性別によって結婚観に少しずつ違いがありましたが、丁寧に話し合いながら歩み寄るように意識することが、結婚への地固めになるのではないでしょうか。

経済的なこと、子どもの有無などを話せるぐらい親しくなったら、将来について話し合うことは大切です。なかなか結婚に踏み切れないでいる相手の気持ちを促すためにも、男女の結婚観の違いを把握して話し合いの時に活用してくださいね。

【楽天オーネット】

前身の企業である株式会社オーエムエムジーから楽天グループで事業を継承したことも合わせて数えると、結婚相談所業として36年間の実績があります。 TVや雑誌などでの宣伝も積極的に行い知名度獲得に成功しており、会員数が年々右肩上がりで増加しています。 出会いの数の多さと成婚率を徹底的に追及したサービスが受けられます。 また、「結婚相談所とは何をするところなのか?」「結婚するまでどれくらいお金ががかかるのか?」といった基本的な知識を知りたい方には、「Web婚活計画」があります。 Web婚活計画ではインターネットさえあれば、性別、年齢などの簡単な質問を入力するだけで、一人ひとりに合った独自の婚活プランや活動の流れ、成婚するまでの料金の目安も分かるので、婚活初心者の方にも使いやすいサービスです。

楽天オーネット 公式サイト

婚活の第一歩としての結婚相談所選びにお悩みの方

婚活の第一歩として、どの結婚相談所を選んだら良いかお悩みの方には、こちらのサービスもおすすめです。

Webから簡単に行える「無料診断」で、自分に合った結婚相談所を診断することができます。また、複数の結婚相談所の資料を無料で一括請求することも可能。

まずは独身男の結婚ナビの「無料診断」で自分にあった結婚相談所を診断してみてはいかがでしょうか。

独身男の結婚ナビ 公式サイト