婚活市場で専業主婦希望の需要はあるのか?

結婚に関する価値観は非常に多岐に渡っていますが、特に女性における結婚の大きな違いは、結婚後に働き続けるのか?それとも専業主婦として家庭に入るのか?ということです。近年では、結婚をしても働きたいと考える女性が増加傾向ではある者の、それでも専業主婦を希望する女性は少なくありません。ここでは、婚活で専業主婦の需要について、詳しくご紹介したいと思います。

専業主婦を希望する女性は意外に多い

ほんの数十年前においては、女性は専業主婦として家庭に入り、夫を支えるものであるという認識が当たり前でした。しかし、近年においては女性の社会進出が進んだことにより、働き方改革が推進されていっています。そのため、結婚をした後もバリバリと働きたいという女性が非常に増えていっているのです。
また、若手労働者の低賃金化なども相まって、結婚生活を円満に過ごすために、妻にもしっかり働いてもらわなければならないという男性も増えています。これによって、夫婦共働きで家計を支えているというカップルが非常に多いです。
しかし、結婚後もしっかりと働きたいという女性がかなり増えているといっても、もともとがほとんど共働きでない時代と比較としての話です。現代においても、一定層においては専業主婦として家庭に入りたいという方は少なくないのです。全体の傾向としては、過去出版社による調査では、3割程度の女性が夫婦共働きではなく、専業主婦を希望しているという結果が出ています。
このように、多くはないものの、現代社会においてもある程度の女性層は専業主婦を求めています。婚活においては、この希望について男性側はどのように思っているのでしょうか?

共働きを希望しない男性は少ない

女性側が専業主婦を希望していたとしても、結婚相手となる男性側が専業主婦ではなく共働きを求めてしまっていると、うまくいきません。男性の約7割は、結婚相手には共働きを求めています。つまり、専業主婦でも構わないという男性は、割合としては非常に少ないのです。
また、この割合というのは、一般的なアンケート集計結果によるものです。婚活をしている男性にしぼってしまうと、さらに狭き門となる可能性があるでしょう。特に専業主婦を養おうとするとかなりの年収が必要です。一般的に30代の平均年収は450万円程度であり、都心で子供を育てようとすると、この年収ではかなり厳しいものがあります。そのため、婚活において共ばたらきを希望する男性はかなり多いと考えられるでしょう。
婚活のプロフィール欄で専業主婦希望となっていると、男性としては結婚をして楽をしたいのではないか?と邪推してしまう恐れがあります。
例えば、性格も容姿も同じ2人の女性のうち、片方が専業主婦希望、もう片方が共働き希望である場合、どちらが好印象に移りやすいかというのは一目瞭然だと思います。もちろん、共働き希望であっても、さまざまな要因により結婚後に専業主婦になる女性も少なくありません。ただ、そうであったとしても、心情的に最初から専業主婦を希望してしまうと、避けられてしまう恐れがあるのです。

婚活を成功させるためにポイントとは

現実的な問題として、婚活の場において何が何でも専業主婦を希望するのは非常に厳しいと言えるでしょう。専業主婦として、十分に収入のある数%の高額所得者の男性とお付き合いできるような魅力ある女性であれば実現可能かもしれませんが、不可能に近いものでしょう。
婚活の場の多くの男性は20代から30代であり、まだまだ平均年収が低い方が多いです。そのため、結婚をして子供が欲しい場合、夫婦で家計を支えていかないと、まともに生活をすることができない恐れがあります。
そのため、専業主婦を希望する場合は、婚活の段階で専業主婦だけを希望するのではなく、まずは共働きというスタンスで婚活を進めていくとよいでしょう。結婚後、共働きをして貯蓄を蓄えていく中で、男性も年齢を重ねると収入が徐々に増加していくことでしょう。子供が生まれるタイミングなどを加味して、将来的に専業主婦になることは不可能ではありません。特に、子供が2人以上になり、男性の年収も上がっていくと、働いているよりも家事や子育てに専念してほしいと考える男性も増えていきます。実際の所、日本国内の全世帯のおよそ4割は専業主婦です。フルタイムではない、パートタイム労働者などの、半専業主婦を加えると、さらに割合は大きくなるでしょう。

専業主婦を前面に押し出さずに婚活をしよう

婚活の場において、専業主婦希望を全面的に出してしまうと、男性側から避けられやすい傾向があります。働こうとせずに楽をしているのではないか?と考えられることはもちろんのこと、経済的な問題により、共働きでないと生活が苦しくなる恐れがあるからです。そのため、将来的に専業主婦になることを想定したうえで、まずは共働きでもいいという希望で婚活をすると、すてきな出会いのできる確率をぐっと高めることができるでしょう。

ゼクシィ縁結びカウンター

運営会社の株式会社リクルートマーケティングパートナーズを知らなくても、結婚情報誌の「ゼクシィ」なら知っているという方は、ごまんといらっしゃるのではないでしょうか。その圧倒的に知名度の高いゼクシィに、婚活サイトができました!「ゼクシィ縁結びカウンター」は、マッチングを手がけている大手リクルート会社が運営する婚活サイトで、ゼクシィ縁結びのサービスの一つです。

会員数は約15,600名と登録者数は決して多くはないものの、会員の8割が1ヶ月以内にデートをしているなど、高いマッチング率を誇っています。

会員数 15,600名
会員属性
  • 女性の7割は20~35歳、男性も約7割が20~40歳
  • 登録者の半数が大卒。大学院卒も含めると女性6割、男性7割
登録料 入会金:30,000円
利用料

月会費:9,000円〜23,000円

入会金と月会費以外の初期費用、お見合い料、成婚料は0円

成婚率 約4割
運営会社 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

 

ゼクシィ縁結びカウンターについての詳細はこちら

ゼクシィ縁結びカウンター公式サイトはこちら